面接は第一印象で決まる

面接は第一印象で決まる
Navigation面接は第一印象で決まる

転職の場合の面接のポイント

転職の場合の面接では、なぜ前職を辞めたか面接官には素直に話した方が良いです。人間関係や給料面、待遇など辞めた理由はあいまいにせずにしっかりと伝えておくべきです。もちろん後ろ向きな発言ではなく前向きに伝えなければなりません。自分がどれだけステップアップしていきたいかを伝えなければ、また同じように辞めてしまうのではと思われるからです。厳しい目で面接官は見ています。会社で力を発揮できるかどうか判断しています。後ろ向き発言だけは避けます。これは覚えておきたいポイントの一つです。

そして、今までの経験でこれから会社に入社してどのような仕事が出来るかしっかりとアピールする必要があります。人間過去に無駄な経験などないです。どれだけ失敗した過去があったとしてもそれをこれからどう生かしていくのかを伝える必要があります。失敗から得た経験は大きな武器と考えます。失敗のエピソードを前向きに伝えることができる人は面接で大きなインパクトを与えることにつながります。面接官に素直さをアピールすることにも成功します。

転職の場合の面接では良いことばかりを言おうとしてそれが嘘っぽい内容聞こえてしまうことがあります。過去の失敗談なども織り交ぜながら面接に臨む方が良いです。前向きに考える人間だと印象を与えることが良い結果につながります。


Copyright(c) 2017 面接は第一印象で決まる All Rights Reserved.