面接は第一印象で決まる

面接は第一印象で決まる
Navigation面接は第一印象で決まる

面接で緊張してしまった時の対処法

面接は誰しも緊張しますし、不安になります。普段通りにできなくて失敗したと感じることも少なくないかもしれません。しかし、ピンチの時にどう対処するか考えておけば少し余裕を持って臨むことができるでしょう。志望動機や自分の長所などはあらかじめ練習してはっきり伝えることができるようにしましょう。大切なことを言い忘れてしまったと、後で思い出した場合は、話の腰を折らないタイミングを見計らって、先ほど緊張して言い忘れたのですが、と前置きし、付け加える許可が与えられたならその内容を話すことができます。

また、汗をかいてしまったらハンカチで拭きましょう。面接官も何も不快に感じることはありませんし、理解しておられることです。緊張のあまり質問が聞き取れなかったり、質問の意味がわからない場合は、うやむやにせず正直に言いましょう。適当なことを言って的外れだったりすると、かえって印象が悪くなります。内容をきちんと理解しようとする姿勢は仕事を上手に果たす上で大切なことです。それでも、率直に、「聞こえませんでした」または「意味が分かりません」というよりも、緊張していることを伝え、もう一度言っていただくようにお願いしたり、「という意味でしょうか」と内容を確認したりするといいでしょう。少しの失敗をしてもがっかりする必要はありません。誠実に受け答えしようとすれば大丈夫です。


Copyright(c) 2017 面接は第一印象で決まる All Rights Reserved.